このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームを成功させるために理解しておきたいポイント

リフォームをはじめる前にチェックしておきたい事

戸建てやマンションなど、住み慣れた自宅をリフォームする際には、予算やリフォーム内容をじっくりと考えることはもちろん、リフォーム業者選びやリフォーム箇所の問題点の洗い出し、リフォームにかかる工期や時期など細かい部分までチェックしなければなりません。


基本的にリフォームは、家の中でも構造や耐久性に不安やトラブルがある場所を率先して行う場合は多いです。ただし家族の意見なども踏まえて、前よりも不便になるようであれば別の場所をリフォームしたり、リフォームの規模を狭くする(あるいは広くする)ことも考えます。


予算との関係もあるため、じっくりと時間をかけて調整やプランニングが必要になります。複数の場所をリフォームする場合は、場所ごとに優先順位をつけ、予算にもゆとりを持たせるようにしましょう。


リフォームに関する情報収集

 

リフォームを初めて行う場合は、インターネットや雑誌、パンフレットなどの情報媒体を活用し、積極的に情報を集めましょう。ショールームなど会場へ直接見学に行くこともおすすめです。


単純にリフォームといってもどの場所をどの程度直すのか、またリフォーム業者の得意・不得意な分野や、取り扱っている製品の種類(材質)には違いがあります。規模を大きく、良質な素材や製品を選べば簡単に予算オーバーとなってしまいますので、いろいろな情報を集めてから比較検討を行いましょう。


情報がある程度手元に集まったら、複数の業者から見積もりを取るようにします。サービス内容や顧客への対応力などを確かめるうえでも、インターネットやメールなどではなく、電話や直接の訪問などを経て決定すると良いでしょう。


さまざまなリフォーム

 

リフォームを行う際は、必ず「目的」を明確にしておきましょう。たとえば自宅にいる高齢者や被介護者のためのリフォームなのか、床や壁の補強(あるいは改修)のためのリフォームなのか、目的が明らかになることでより理想のリフォームを思い描くことができます。


最近では、さまざまな自然災害に備えるため耐震性や防火性など「安全」を第一に考えたリフォームにも注目が集まっています。土台や柱など建物の基礎となる部分から直したり、補強工事や万が一に備えた設備の設置など、末長く住める家を目指したリフォームが人気を呼んでいます。


トイレや浴室など部分的にリフォームを行うか大規模に直すのかは、建物の強度やトラブルの程度にもよります。まずはリフォームしたい場所をピックアップし、どの程度補修が必要なのかを家族間で相談し、リフォーム業者ともよく相談のうえ調整すると良いでしょう。

Pick-Up Topics

建築基準法の基礎知識

 

私有地、商業用地、工業用地などすべての敷地には細かな法律や決め事があります。そのうち、一般住民にもっとも関連が深いものが建築基準法となります。

自分が所有している土地でも、好きなように建物を建てることはできません。すべての住宅は建築基準法に則って建てられ、周辺の住宅の採光や道路の通行の妨げにならないよう考慮されています。

「建築基準法の基礎知識」の続きはこちら

ハウスメーカーの保証範囲について

 

ハウスメーカーを選ぶポイントの一つに「保証期間」があります。新築住宅は契約時に「品確法」という法律によって10年間の保証が義務付けられていますが、10年を超える場合の保証はメーカーごとに異なります。

保証期間は短いが無料で直して貰えたり、10年目以降は有償にて補修すると定めているメーカーもあります。そのため、新規に住宅を建てる場合はメーカーごとの保証期間をきちんと確認する必要があるのです。

「ハウスメーカーの保証範囲について」の続きはこちら

旧家のリフォーム

 

最近、古民家と呼ばれる古い住宅のリフォームが人気を集めています。ゼロから新しい住宅を建てるのとは違い、旧家の風情を残しながら、現代的なリノベーションを施すことで、新築住宅にはない趣きを感じることができます。

「旧家のリフォーム」の続きはこちら